労働災害

SELF CHECK該当してたら要注意


通勤途中に転んで地面に手を突いてひねった  勤務中、上階へ移動の際、階段でつまづき転んで膝をぶつけた

 

段ボール箱を抱えた際、腰に激痛が走った  営業車で外回り中に、後ろからぶつけられた

労災

郡山の接骨院で労働災害のことなら


郡山の接骨院で労働災害のことなら、やまと接骨院へ

当院なら通勤中のケガ(通勤災害)、お仕事中のケガ(業務災害)どちらでも当院での治療が可能です。

いわゆる労災と言われるものですが、お仕事上のケガ、通勤中のケガ、などお仕事にかかわる時間のケガは全て労災になります。職場に確認を取り、労災認可を出してもらい所定の用紙を持ってご来院ください。

過労死

労働災害について


基本的には、患者様(被災者)が提出すべき申請が多いものの、会社の証明や添付書類を求める手続きが多いため、通常は会社が被災者・遺族に代わって手続きをします。
労災保険なら、患者様(被災者)は手厚い保護を受けられ、安心して治療に専念できます。
例えば、治療費をみると、労働災害では個人負担はありませんが、労働災害以外では3割が自己負担です。
また、労働災害では療養中の解雇は禁じられていますが、労働災害以外では特段の保護規定がなく会社の就業規則が適用されます。
つまり、特定の死傷病が労働災害と認められるかどうかが、被災者の生活を大きく左右します。会社が手続きを熟知していない、労災の申請を嫌がる、という場合もあります。
自分の身は自分で守るつもりで、被災者や遺族も手続きについてしっかり把握しておきましょう。